新米技術者が教える印刷関連お得情報!!

サンリュウの新米技術者が、日々気づいたことを書いていきます。印刷業界の方々!思わぬ掘り出し情報もあるかもしれません!昇華転写・トナー転写によるオリジナルグッズ作成、印刷資機材情報満載です☆

  新米技術者が教える印刷関連お得情報!!のナビゲーター   トップページ > 2007年07月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トナー転写紙TSのコツ2

2007 - 07/30 [Mon] - 14:15


無事印刷が終わったらいよいよ転写です。

まずプレス機を、185℃まで上げておきます。プレス機の種類にもよりますが、30分位は温度が上がるまでにかかるので印刷前に電源は入れておいたほうが良いですね

温度が上がったらまず、Tシャツだけをセットしてプレスします。
この時に圧力調整をし、ついでにTシャツのしわと湿気を取り除いておきます。
ワイシャツなどを洗濯した後に、しわ取りのためアイロンをかけますよね?あれと同じようにプレス機で熱と圧力をかける事でしわと湿気がなくなります。

TSは薄い紙ですので、TSの厚みは考慮せずTシャツだけの厚みに合わせて圧力調整をして問題ありません。

「圧力はどれくらいが良いのか?」
マグカップの時もお伝えしたとおり非常に難しい質問です
圧力は数値で出せないし、お客様ごとにプレス機に敷くフェルト等の厚みが違うので温度のように指定することができません。

ただ、トナー転写紙は圧力によってそんなに結果が変わってくるものではないのでそこまでシビアにならなくても大丈夫です。
Tシャツをプレスしたときに圧力がかかっているのが確認できたらそれで大丈夫です。

極端に弱いとトナーの付きが悪くなるし、逆に強すぎると作業がしにくい上にプレス機に余計な負荷がかかるのでそれだけは注意して下さい
非常に曖昧ですが、圧力は中程度。強すぎず弱すぎずがベストということになります。



そして、Tシャツの上に印面を下にしてTSを載せます。
その後できればTシャツ全体を覆うように下紙を載せます。
載せなくても問題はないですが、プラテン(熱い部分)とTシャツが直接触れることになりますので、もしプラテンが別の作業で汚れていたりするとTシャツが汚れてしまう可能性があります。

下紙を敷いておけばその汚れは下紙に付くのでTシャツは無傷です!
下紙というのは捨て紙のようなもので、使い捨ての紙ですね。トナー転写の場合は複数回使っても大丈夫です。条件にもよりますが、何度も使っていくと徐々にパリパリになっていきます。ここまできたら交換しましょう。

普通の紙でも良いか?
と聞かれますが、手元に下紙がなければしかたないですが性能・価格の面から見ても下紙を使った方が良いと思います。



いよいよ転写をします。
プレス機のタイマーを15秒程にセットして、プレスします。
時間が来たら、5秒ほど待って転写紙を剥がします。
この時ストップウォッチを使ったりしなくてもいいですからね。自分でカウントしてください。

数秒のロスで駄目になるわけじゃないですから、わざわざストップウォッチを準備しなくても大丈夫です

ちなみにプレス後すぐに剥がすとトナーが転写紙に残りやすくなり、完全に冷えてから剥がそうとすると転写紙とTシャツがみっちり貼り付いてしまって剥がすのは困難になります。

数十回のテストの結果5秒後に剥がすのがベストという結論になりました。


剥がす時のコツは勢い良く剥がさないこと!
引っ張る力が強いと、転写紙側にトナーが残りやすくなります。

Tシャツと転写紙をあまり遠ざけず、気持ちゆっくりめに剥がしてください。
ただ上に書いた通り冷え始めると剥がしにくくなるのでゆーっくり剥がすと最後の方がひっついて取れなくなってしまったという事が起こる可能性があります。

転写紙を剥がすスピードを下げるのではなく、距離を遠ざけないことを頭に入れて剥がすと、うまくいくと思います。

写真を載せておきます。
まず悪い例
TシャツとTSが同じ色でわかりにくかったので、TSの代わりに黒い布を使いました。TSが黒い布にあたります。
20070730134530.jpg
このように距離を離して剥がしていくと、転写紙の方にトナーが残ってしまい失敗することがあります。

こちらが良い例
20070730134521.jpg
転写紙をTシャツからできるだけ離さず、Tシャツの上でスライドするように剥がしていきます。

自分で写真を撮ったので左手が写っていませんが、Tシャツを左手でしっかり押さえてくださいね



転写が無事終わったら、最後にひと工夫
前々回の中でも書きましたが、繊維との接着強度をあげる為再プレスします。
TC同様剥離紙(シリコンペーパー)を転写したTシャツに乗せます。
くれぐれも転写したTシャツとあっついプラテンを接触させないで下さいね!

これで無事TS転写Tシャツの完成です。

価格からは想像できない仕上がりになると思いますよ


次回はトナー転写紙TCのワンポイントアドバイスを予定しています。


                   ランキング参加中です。ぜひ一押しを



スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

サンリュウ 新米技術者

Author:サンリュウ 新米技術者

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。