FC2ブログ
新米技術者が教える印刷関連お得情報!!

サンリュウの新米技術者が、日々気づいたことを書いていきます。印刷業界の方々!思わぬ掘り出し情報もあるかもしれません!昇華転写・トナー転写によるオリジナルグッズ作成、印刷資機材情報満載です☆

  新米技術者が教える印刷関連お得情報!!のナビゲーター   トップページ > トナー転写紙 > トナー転写紙TCのコツ  

トナー転写紙TCのコツ

2007 - 08/06 [Mon] - 17:55

まずTCはレーザープリンタで印刷する受像紙(裏が赤文字)と接着層付転写紙(裏が緑文字)の2枚で1セットになります。
20070806163426.jpg



TS同様、湿気には注意して保存してください。

印刷の際は特別な設定は要りません。
普通紙に印刷するのと同じ要領で印刷してください。

ただ、メーカーによっては普通紙ではうまく印刷できないことがあります。トナーが下端に固まって付いてしまったり、全体的にトナーがきちんと定着しないことがあります。
(しかしTCは後の作業で接着層をつけるため、印刷する受像紙事態には接着性がありません。そのため、プリンタ内の熱ドラムに巻きついてしまったりベトベトになってドラムを駄目にしてしまう可能性は極めて低いです。)

その場合は、プリンタの用紙設定のところを普通紙→厚紙にして下さい。 
20070806164520.jpg

メーカーやプリンタによって変わってきますが、印刷設定画面の中に用紙のタイプを変更できる場所があると思います。

これできちんと印刷されると思います。

画像は反転させておいて下さい。
20070806163437.jpg


特別な設定は全く必要ないのですが、1つだけ注意して欲しいことがあります
TCはトナーの部分に接着層をつけることで画像のみを転写することができます。
トナーの量が少ないとトナーがあると認識されず、うまく接着層が付かないことがあります。これは印刷設定を変えても改善するのは難しいです。
淡い色や、グラデーションをやりたい場合はTCは不向きです



次に、TCの特徴でもある接着層を付ける作業に入ります。
熱処理機の温度を100℃に設定しておきます。
(といっても熱処理機の温度表示は必ずしも正確でない場合があります。数℃の誤差だったら問題ありませんが、あまりに温度が高いとトナーが接着層側に移ってしまいます。逆に低すぎると接着層が全体に付いてしまいます。
もし同じような現象がでたら示温ラベル等を使ってプラテンの温度を測定してみて下さい。また現象を参考に温度を変えてみてください。)


温度が上がったらプレス機に印刷した受像紙と接着層付転写紙を重ねて置きます。この時、プレス後剥がしやすくするために、少しずらして重ねます。ぴったり重ねると剥がすのも一苦労です。
20070806163459.jpg
これだけで剥がしやすさが全然違いますから、是非やってみて下さい

その後、20秒プレスをします。圧力はやや強め。(そんなに気にしなくていいです)

そして!ここが一番のポイントなんですけど、
プレスが終わったらできるだけ早く接着層付転写紙を剥がします。
冷えると画像以外の部分にも接着層が付いてしまいます。

成功例
20070806165522.jpg


失敗例
20070806165536.jpg

画像以外の部分にも白いボツボツが見えると思います。これが接着層です。このまま転写しても問題はありませんが、画像のみが転写できるというメリットがなくなってしまいますね


プラテンを上げたらすばやく行動しましょう。また前回のTSの剥がし方でもお伝えしたとおりスライドさせて距離を離さないように剥がすとうまくいくと思います。
ここが一番の山場なので、マスターできればTCはお手の物だと思います

接着層がついた転写紙を載せておきます。それだけじゃわかりにくいんで比較の写真も!

これが印刷しただけの状態
20070806163528.jpg



これが接着層が付いた状態
20070806163537.jpg

印刷しただけの状態と比べると全体が白くなっていますよね、この白いのが接着層になります。


最後にこれをTシャツに転写します。
プレス機の温度を190℃に上げます。
温度が2段階(100℃190℃)になるので、何枚も一度に作る時は、まず接着層を付ける作業を行い、枚数分終わってから温度を上げるようにしましょう。
1枚ごとに温度を変えてるとそれだけでかなりの時間がかかりますから。

ここから先はTSとほとんど同じです。
Tシャツをセットして圧力調整。圧力は中程度。
ついでに熱と圧力をかけてしわと湿気を取り除きます。

Tシャツの上に接着層の付いた受像紙を印面を下にして載せて下紙で覆います。
190℃20秒プレスします。
プレスが終わったら、受像紙を剥がします。
今回は5秒ではなく、すぐに剥がします。
ただ、前の工程のようにすばやく剥がさなくても大丈夫です。
冷えてしまうと剥がれなくなってしまうので、熱いうちに剥がしてください。

ここまで来たら、お決まりのひと工夫。
再プレスをして最後の仕上げです
剥離紙を乗せて、5秒ほどプレスしてください。
これで完成です





                 ランキング参加中です。ぜひ一押しを

 | HOME | 

プロフィール

サンリュウ 新米技術者

Author:サンリュウ 新米技術者

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク