FC2ブログ
新米技術者が教える印刷関連お得情報!!

サンリュウの新米技術者が、日々気づいたことを書いていきます。印刷業界の方々!思わぬ掘り出し情報もあるかもしれません!昇華転写・トナー転写によるオリジナルグッズ作成、印刷資機材情報満載です☆

  新米技術者が教える印刷関連お得情報!!のナビゲーター   トップページ > 昇華システム > PX-6250,PX-6550昇華システム完成 その2  

PX-6250,PX-6550昇華システム完成 その2

2008 - 07/14 [Mon] - 17:10

前回は
・プリンタ
・補充システム
・チップリセッタ

を紹介いたしました。

これで外側が揃ったというところでしょうか。
続いて、消耗資材のご紹介です。

まず昇華インク。
プリンタにあらかじめ入っているインクは水性顔料インクです。
これでは昇華転写はできません


昇華インクがどのようなものかご存知でしょうか?
昇華インクは水性染料インクの一種です。

このインクは熱を加えることで気化します。
お水を温めたときに出る湯気みたいなものでしょうかね
この気化したインクが密着された素材に染み込むと言うわけです。

染み込んで定着するため、擦っても剥がれることがなく強い洗濯強度が得られ
ます。
色素が他のインクとは違うんですけど、
これがまぁ鮮やかな発色をするんですよ!!
ほんとはじめて見た時は自分も驚きました

転写サンプルその1
SANY00040.jpg
このような濃い画像もきちんと再現できます☆

転写サンプルその2
SANY00050.jpg
こんな可愛いイラストもくっきりはっきり転写できますよ!!

これは実際に自分が作ったTシャツ素材の転写サンプルです。
直接お問い合わせいただければ実物をお送りすることもできますので、
ご興味のある方はお問い合わせ下さい


ただし・・・条件もありまして
気化したインクが染み込める素材が限られているんです。
基本的にはポリエステル繊維、樹脂になります。
その他の樹脂にもやろうと思えばできますが、ちょっと話がややこしくなるん
でそれはまた後日。
つまりTシャツにやろうと思ったときに綿100%だと転写ができないわけで。


どうしても綿の風合いを好む人が多いと言う場合は、
表(転写する面)がポリエステル100%で裏(肌に接する部分)が綿100%のTシャ
ツもご用意しています。
サンリュウ 昇華用Tシャツページへ

表も裏も綿100%でないとだめ・・・
と言う場合は今まで紹介してきたトナー転写紙などで作成できますので。




さて昇華について簡単に分かっていただいたところで実際のインクですね。
サンリュウでの商品名は
HANAE-Dになります。
bottle002.jpg

100g~1Lご用意してます。
どのサイズを買うのが良いかは、直接お問い合わせ下さい。
現在の仕事量などから適量をご提案しますので。

これを購入してもらって前回ご紹介した補充システムに入れて使うわけです。



そして次が転写紙ですね。

昇華インクをいきなりTシャツに印刷するわけにはいかないので
(いきなりTシャツに印刷したい場合はこちら
サンリュウ フラットベッドプリンタのページへ)
あらかじめ紙に印刷しておく必要があります。

紙なんて普通紙で良いじゃん!
いえいえ、それでは最高のものはできません。

紙に十分にインクが染み込んでいれば良いわけではありません!!
肝心なのは紙に印刷したインクがいかにたくさん気化するかですから。
たっぷり紙に染み込んだインクはなかなか気化しません。
紙の方に残っちゃうんですよ。



転写紙はそれを防ぐ加工がされた特殊な紙なんです。
印刷したインクの気化率(これを転写率と言います)は抜群です!

これを普通の紙と同じ様にプリンタにセットして昇華インクで印刷すると言う
わけです。



この2つは使っていけばなくなってしまうものなので、なくなりそうになった
ら新しいのを購入してもらいます。

またそれぞれの消耗資材には保証期間というのがあります。
その期間内に使い切って下さいというものですね。
HANAE-Dの保証期間は発送日から3ヶ月です。

食べ物ではありませんが、期限を守ることは重要です。

長期間たったインクは
・プリンタ内で詰まる
・色が新しいインクの時と変わる
・なにか沈殿している

など様々な不具合を生じます。

残ってるのにもったいないから・・・
と使い続けてプリンタが詰まってしまって修理・・・・
修理費の方がはるかに高くついてしまいます

なるべく残らず使えるように100mlという少量販売を始めたんで、使用量が
少ないと思われる方は100mlをご購入いただければと思います。


転写紙の方の保証期間は未開封で一年になります。

転写紙に限らず紙とか布は湿気に弱いです。
湿気を含んで本来の性能を発揮できないことがあります。
日本は特に湿気が高いです。

可能であれば、使用後は乾燥剤と一緒に密閉袋に入れて保存して下さい。
そしてできるだけ早く使い切るようお願いします。

こうしてもらえると転写紙の性能を存分に発揮できるかと思います。

これで消耗資材の紹介は終了です。


でももう少し紹介したい商品があるんですよね・・・
これを次回お伝えしていきたいと思います。


                 
                             
ランキング参加中!よろしければ両方クリックお願いします。

 | HOME | 

プロフィール

サンリュウ 新米技術者

Author:サンリュウ 新米技術者

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク