FC2ブログ
新米技術者が教える印刷関連お得情報!!

サンリュウの新米技術者が、日々気づいたことを書いていきます。印刷業界の方々!思わぬ掘り出し情報もあるかもしれません!昇華転写・トナー転写によるオリジナルグッズ作成、印刷資機材情報満載です☆

  新米技術者が教える印刷関連お得情報!!のナビゲーター   トップページ > 小物転写 > マグ転写のコツその2  

マグ転写のコツその2

2007 - 06/14 [Thu] - 14:45

前回は圧力の話をしましたので、今回は温度と時間について。

クランプに関しては熱処理はオーブンで行います。

なのでオーブン自体の性能によっても変わってくるので、マニュアルにも参考値として書かせてもらっています。

値段の高いオーブンの方が綺麗に出来るの? 
答えはNoですね。サンリュウが使っているオーブンは通販で¥8,000で購入した家庭用のものです。これで十分です!

転写で使ったオーブンで料理しても良い?
 答えは・・・Noです。有害なものがでているわけではありませんが、安全を考えるとお勧めすることはできません。

マグカップ転写専用機としてお使いいただきたいので、安いものをお使いいただければと思います。ただ一度にたくさん作りたい場合は、オーブンも大きいものにしないといけないので、その分価格はあがると思います。

気をつけて欲しいのは、アナログのタイマーですね。10分に設定しても10分ぴったりでタイマーが切れるわけではないようなので。

これは体験談ですが、マニュアル作成のために10分に設定してスタートして同時にストップウォッチを使いました。オーブンのベルが鳴った時のストップウォッチの時刻は12分・・・

当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、このような結果になりました



またベルが鳴ってもオーブンの中はしばらく温かいので、タイマーが切れたからといってクランプを入れっぱなしにしていたらどんどん昇華は進んでしまいますのでご注意下さい。

アナログの場合はストップウォッチを使い、時間が来たらすぐに取り出してクランプを外してください!(ただひっじょーに熱いので火傷しないようにしてくださいね)

もし転写したマグカップがちょっとだけ薄いという状態だったらまず温度を上げてみて下さい。200℃設定だったら200→230→250℃といった感じで。時間を延ばしても効果はありますが、作業効率は下がりますからね。



一部が薄くなるとか部分的な欠けが出た場合は圧力に問題があることが多いので、圧力の調整をしましょう。
どうやって調整するの?
えー・・・それは欠けた場所によって変わってくるんで一言では言えません(>。<)
その場合は、サンリュウにお電話でお問い合わせ下さい。
048-294-7396



             ランキング参加中です。ぜひ一押しを

 | HOME | 

プロフィール

サンリュウ 新米技術者

Author:サンリュウ 新米技術者

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク